津村 泰範
  ツムラ ヤスノリ   Tsumura Yasunori

   所属   長岡造形大学  造形学部 建築・環境デザイン学科
   職種   准教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2015/03
形態種別 報告書等
標題 旧協働会館保存・利活用のための整備計画
執筆形態 共著
掲載区分国内
出版社・発行元 東京都港区
概要 ※文化財保存計画協会での業務
※執筆編集の中心
「旧協働会館」(1936(昭和11)年竣工・木造)は、都内に現存する唯一の木造見番(「置屋」「料亭」「待合」からなる「三業」を取りまとめ、芸者の取次や遊興費の清算をする施設)で、芝浦花柳界の名残の建物。戦後東京都が買い取り、港湾労働者宿泊所に利用され、2009(平成21)年に港区へ建物が無償譲渡された。その後、港区指定有形文化財となった。
2009年度より、基本調査や耐震診断等の業務を港区より委託を受け、少しずつ進めてきた。このたび「旧協働会館」を、伝統文化の継承や地域活動、交流等の拠点として整備することが決まり、2014(平成26)年度に、歴史的に貴重なこの「旧協働会館」を保存し、かつ区民等の利用に供して利活用するため、地域との意見交換も踏まえ、整備計画を策定した。