福本 塁
  フクモト ルイ   

   所属   長岡造形大学  造形学部 建築・環境デザイン学科
   職種   准教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2019/06
形態種別 学術論文
査読 査読あり
標題 対話型学習教材「防災トランプ」を用いた 中学校における防災授業の実施とその評価
執筆形態 共著
掲載誌名 安全教育学研究
掲載区分国内
巻・号・頁 18(1),51-67頁
概要 本研究では神奈川県相模原市立小山中学校の第三学年の生徒に対して防災トランプを用いた防災授業を各クラスの担任である教員が実施した内容を示すとともに、質問紙調査からその有効性について評価を行った。
その結果、生徒は授業に楽しく取り組み、ルールを理解していた。また、「授業に楽しく取り組めたこと」と「相手の話から学べたこと」には正の相関が認められた。さらに、相手の話から学びを得て、普段から防災について考えたいと内的な行動意識が喚起されていたことを確認した。一方、自分の話は相手に役立つかという観点では自己効力感が低い状況であった。「自分の話が相手に役立つ」という認識が多くの生徒に持たれなかったことについて、教員が「まとめ」の中でその視点を生徒に提示することで「自分の話が相手に役立つ」という自己効力感が生徒の意識にも影響を及ぼし、内発的動機づけを高める可能性が示唆された。